埼玉スタジアムまですぐ東川口のビジネスホテル【レンド(LEND)】

東川口駅前のビジネスホテル「LEND(レンド)」。都心に近く、南に東京ドーム(後楽園)、北に埼玉スタジアム2002、東には東京ディズニーランド、西にはさいたまスーバーアリーナ…などと、多方面へのアクセスも便利です。プライベートからビジネスまで幅広くご利用いただけます。


アクセスマップのページへ
コンセプト

おすすめ宿泊プラン

本格和食・洋食朝食付きプラン

>本格和食・洋食朝食付きプラン
和の温かみを大切にし、一流料理屋で修行を積んだ料理人が腕をふるう本格的な朝食をご堪能下さい。

掃除不要エコプラン

>連泊のお客様限定、お得な割引エコプラン
連泊でご滞在中『客室清掃不要』のお客様限定の環境とお財布に優しいダブルで『エコ』なプランです。

ご案内

館内レストラン

館内レストラン
店内はとてもモダンで落ち着いており、おしゃれな雰囲気。デートから接待まで大人の時間を過ごすのにぴったりです。 その空間で、毎日鮮度抜群の酒の肴をお楽しみいただけるお店です。
四季彩 のもとのページへ
048−229−4381 アクセスマップ
0482294381 アクセスマップへ

スタッフブログ最新記事

光放つ少年のHeart

ホテル レンド (2019年10月 8日 11:19)

はい、みなさんこんにちはN塚です。
ようやく秋到来って感じの気温になりましたねー。
大変過ごしやすくありがたい限りでございます。

しかし来る今週末、巷は3連休真っ只中ですが今年最大級と目される台風19号ハギビスが日本列島に上陸するとの予報が出ていますね。
先月の台風15号クラスの被害が予想されるとのことで、高波、暴風、停電、土砂災害と十分注意しないといけませんね。
台風15号では電車が動く動かないなんて言ってる間はまだ平和なんだなって思い知らされました。
それにしても今年は毎週のように台風が来てる気がしますね?特に連休を狙って...

ところで愛すべき二十代のみなさん、最近なんだか憂鬱じゃないですか?
日々の生活に焦りを感じていませんか?なんだか生きるのが辛くないですか?
あなただけではありません、みんなそうです、私もそうです。

実はこの20代後半にかけて精神的に不安や焦りを覚える現象を心理学において「クォーターライフ・クライシス」と言うそうです。
必殺技みたいでかっこいいですよね
意味合い的にはそのまんまで人生1/4の危機ですね、別名としてアラサークライシスなんかの呼び方もあるそうです。

原因としては周りの大人からは「まだ若いんだから」と言われるが、自身では十代の時ほど若くないことを実感し、早く大人としての安定を手に入れたい一方、若さがこぼれ落ちるような焦燥感から身を引き裂くような恐怖や不安に襲われます。
ある意味、大人になるための最後の心の成長期とも言えるかもしれません。

この危機は大なり小なり誰しも経験することで、基本的に避けて通ることはできないようです。
今幸せそうに見える人、成功している人もきっとあなたと同じような危機を経験してるはずです。
そして、人は自分をより強く完璧に見せようとする生き物ですから、弱い部分や弱かった頃の話をしたがらないのです。
しかしこの出口の見えない迷路から抜け出すためには、同じ体験をしているであろう友人たちと話し合うことがいいとされています。
悩みを打ち明けることで自分だけが感じていたはずの劣等感は周りの皆も同じように抱えている悩みだとわかります。
迷子になっているのは自分だけではないと分かれば、皆で協力して迷路から抜け出すことができるはずです。

またその他の方法では、EQと呼ばれる「こころの知能指数」を養うことも迷路の出口を見つけ出すのに有用だとされています。
EQは自暴自棄にならずに自身の感情や感覚と向き合うことを助けてくれます。
自分が何を感じているか、周囲の人や環境に自分がどんな反応をしているかについて、より自覚的になることから初めましょう。
難しいと思ったら、日記やブログ、SNSなどで自分の考えていることや感じていることを書き出して見るといいでしょう。
実際私自身もこのブログで、自身の考えや知り得た知識などを自分の言葉として伝えることで、自分に言い聞かせ改めて考える助けになっていると思います。
そもそもこれスタッフブログのはずでは...
また自分が普段どんな言葉を使っているか見直すいい機会でもあると思います。
自分の言動と、それが他人に与える影響に気をつけてみましょう。
つい強い言葉を使ってはいませんか?その言葉を自分が受け手に回った時どう思いますか?
マイナスの影響を与える言葉ではなく、思いやりや感謝の言葉等、プラスの影響を与える言葉を口にすることで、周囲だけでなく自身の心も落ち着かせ、受けた恩恵に感謝することにより、人生捨てたもんじゃないと思えるようになるかもしれません。

また自分と今の自分の感情を一緒くたにしないこと、不安や焦りに満ち溢れていてもそれがあなたのすべてではないし、将来もずっとそうだというわけでもありません。
あなたの周りにも、あなたのいいところをしっかり理解してくれている人がいるはずです。

人生100年時代と言われる現代においての1/4地点である25歳。
所謂普通の人生であれば、学生を卒業し働きはじめて数年...
一人暮らしをしたり意中の相手がいれば同棲や結婚を考える年頃でしょう。
しかしそうは問屋がおろさないのがこの時代、令和。
所得の低下、晩婚化、ひきこもりやニートに、人口オーナス、etc...数え切れない様々な社会問題を抱えて私達二十代は生きています。
開き直るわけではなく数十年前とは時代が違うのです。
『普通』や『昔は』なんて言葉には耳を貸さず、前向きに自分らしく今の時代を生きていくことが大切かなと私は思います。
無事に「クォーターライフ・クライシス」を抜け出せたら、次の時代の為にできることを考えてみましょう。

それではお客様のご来館を心よりお待ちしております。

ブログを見る